Home > 研修医

研修医

本格的に医師として活躍するには、医学部の大学を卒業したり、医師免許に合格しても、すぐにはできない仕組みとなっています。医学部を卒業すると、研修医としての見習い期間を経てから、一人前の医師として認められるようになります。

研修医は、自分が学ぶ病院を選ぶことが可能です。少し前には、大学病院などの都市部の病院を選ぶ研修医が多くなっていました。しかし、最近では地方の病院でも、多くの症例があって、いろいろな経験を積めるところを選ぶ研修医が増えてきています。研修医として病院に勤めるようになると、雑用を含めた様々な仕事が待っているために、睡眠時間を少ししか取れなくなるケースがほとんどです。

研修期間中は、かなりハードな仕事内容となっていると言えます。しかも、研修期間中は、働く時間の多さにくらべて、給料が非常に安い状態になっています。しかしながら、医師は研修期間を過ぎれば、将来の働き口には困らない環境があるだけに、ハードな研修期間も乗り越えられる人が多くなっています。

医師になるまでの道のりについてもっと詳しく
医師になるまでの流れ
医師になるために必要なこと

ドクターになったらどんなことが待っている?
ドクターの仕事内容

ドクターのイメージって?